アンティーク風のペイント

おはようございます。

今日の東京は・・・薄曇り??

とは言え、昨日より暖かいみたいなので、ホッとしています。(極度の寒がりなので(汗)

花粉は…怖いですけど。。

昨日UPした記事にも書きましたが、ペンキ…

いや、ペンキに限らずなのでペイント、ですね。

DIY作業の中でも大好きな作業なんですが、やればやるほど「奥が深いなぁ…」と思います。

色を混ぜる、重ねる、ペンキに溶剤や消石灰を加えてみる、

ワックスやオイル、ステイン材を使う・・・

刷毛を使う、コテを使う、手で塗る、スポンジを使う…

色んな方法があって、またその方法を組み合わせることで、物の印象ががらりと変わります。

私はアンティークが好きですが、本物のアンティーク品は高価で手が出なかったりするので、

手持ちのものや、自分で作ったものをアンティーク風にするのにハマっています。

とはいえ、まだまだ研究中ですけど。(;^ω^)

今回は、IKEAの製品をアレンジしてみました♪

スポンサーリンク

既存のキャンドルスタンドをアンティーク風に!

 

先結構前にIKEAで買ったキャンドルスタンドをアンティーク風にペイントアレンジ。

キャンドルスタンドの元々の姿の写真を撮り忘れてしまったので

(↑こういうこと、私はよくあります(苦笑)

元の製品の画像はIKEAさんからお借りしました。

コレ↓です

0324-2013(4)

これを、

①まずまっ黒にペイント。

0324-2013(3)

 

②黒のペンキが乾くか乾かないか位に、

上から緑や黄色のペンキを適当にペイントして、マーブル調に。

※これは、個々の好みで良いと思います。

0324-2013(2)

 ③茶色のペンキを少量スポンジに取り、

まずは新聞紙などにポンポンと押して余分なペンキを落とした後に、

キャンドルスタンドに乗せていきます。

濃く付きすぎちゃったかな、ってところは、

きれいな部分のスポンジでぼかしながらやっていくといいと思います。

0324-2013(1)

はい、終わりです(笑)

これだけの作業です。

これだけで、錆感が出た、アンティークっぽいキャンドルスタンドの出来上がり♪

0324-2013

奥が深い…と書いてた割には、すぐできちゃいました(笑)

でもこうして手軽に、既存のものを好きなようにアレンジできるのも

ペイントの良いところですよね♪

ちなみに、黒のペンキを塗った後にクラック剤を施して、

クラック剤が乾かないうちに②の作業に入ると、いい感じによれた部分ができるのでお勧めです。

まぁもちろんそれは、クラック剤の正しい使い方、ではないのですが。。。

でも、色んな使い方をすることで、アレンジの幅が広がるんじゃないかなと思います♪

百均やIKEAの額縁を、こんな風にサビた風にしてもよさそうですね。

(家具のリメイクもありかな)

読んで頂き、ありがとうございました☆

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

↓インスタグラムは定期的に更新しています♪今後、ニュースなどもいち早くUPしていく予定なので、良かったらフォローしてくださいね♪
Instagram
スポンサーリンク

『アンティーク風のペイント』へのコメント

  1. 名前:K子 投稿日:2014/01/12(日) 22:28:00 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS:
    「これ、構造どうなってるのかしら?」と考えるのは大好きなのですが、「ペイント・アレンジ」って私にとってハードル高いです。

    ただ、私もアンティークは高価で手が出せないので、なんとか、フランスの古い家具を真似たいと調べたところ、「石灰+塗料での塗装」が「パティネール」と呼ばれる手法で、現代でも使われている手法だと言うことにまで辿り着きました。
    ハンズで石灰を求めようとしたところ、店員さんに「水を混ぜると発熱する」と言われて怖くなり、そこで、ストップしたままです。

    Gabrielさんは、この手法、試したことはおありでしょうか?

  2. 名前:GabrielDecor 投稿日:2014/01/14(火) 13:08:00 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS:
    K子さん♪
    コメント、ありがとうございます♪

    ペイントは奥が深いんですよね。。
    私もまだまだ分からないことも多く、試行覚悟中です!
    でも、今はアンティーク加工やUSED加工にするようなペンキも多く出てるので、試してみる価値はありますよ~!

    さてさて、石灰についてですが、「パティネール」と言う名前はしりませんでした!
    が、確かに『石灰+水』は発熱すると聞いたので、私は生石灰ではなく、消石灰を少量ペンキに混ぜて使う、と言うことはしてみました。
    (http://gabriel007.exblog.jp/19935795/ ←で作った収納棚の背板は、消石灰とペンキを混ぜたものでペイントしています)

    が、先ほどネットで調べてみたところ、消石灰でも多少の発熱がある、との記述もあったので、安全性に関しては私の方では何とも言えません。。ごめんなさい(T_T)
    ハンズの専門の方に聞いた方が良いかもしれませんね。

    ちなみに、クラック剤・・・ひび割れを起こす溶剤を大目に塗って、すぐにペンキを塗ると、何回も重ね塗りをしたような「ヨレ」ができますよ。ペンキがホワイトだと、その溶剤のおかげで若干黄味がかったりするので、好き好きですが、それもアンティーク感を出ますよ~♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA