Farrow&Ballの新色

カラーワークスさんに、Farrow&Ballの新色が入荷したようです!

本国のHPには結構前にnew colorがUPされていたんですよね。

12月初旬にカラーワークスさんに問い合わせた時点では、

「まだ入荷時期は未定です」と言うことだったので、

だいぶ先になるかな、、と思っていたんですが、、、予想より早い入荷でした!

スポンサーリンク

Farrow&Ballの新色は・・・

 

F&B new2

全部素敵!

中でも⇓の、

漆喰っぽいホワイト(壁)と

グレーベージュのような色(TOP廻り縁とボトムの棚、腰壁部分)のMIXがたまりません♪

 F&B new3

家の廊下をこんな風にしたい!

・・・と企み中(笑)

ただ、廊下はリビングより天井が低いので、

廻り縁の施工はバランスを見ながら、、、と言う感じにしようと思っています。

(チェアレールはつけます♪)

でも。

実を言うと、、、本当はNo281の「STIFFKEY BLUE」に最初から惹かれているんです。。

F&B new1

が。

ウチはリビングがグレー。。

そこに続く廊下も暗い色にしてしまったら、、、

「家」ではなく「怪しい館」になってしまいそうで(笑)

でも、この色合い・・・やっぱり素敵だなぁ。。

↓参加しています♪良かったらクリック、よろしくお願いします☆

にほんブログ村 インテリアブログへ

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

↓インスタグラムは定期的に更新しています♪今後、ニュースなどもいち早くUPしていく予定なので、良かったらフォローしてくださいね♪
Instagram
スポンサーリンク

『Farrow&Ballの新色』へのコメント

  1. 名前:K子 投稿日:2014/01/19(日) 22:14:00 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS:
    Gabrielさんと私は、色の好みが似ているようです。
    私も、ブルーやグレージュが好きです。

    Gabrielさんのお宅もマンションとのことなので、やっぱり廊下には窓はないのでしょうか?うちはないので、濃い色に塗ることを躊躇しています。

    今日、TV番組、「Before,After」を見たら、なんと、パリのアパートのリフォームでした。アパートの共用部分、他のお宅も映ったので、家具や内装の色を注意してみていたら、やはり、濃いグレーが多いんですよね。
    子供部屋でも、家具が濃いグレー。

    南仏、ヴォークリューズ県(山の中の方)を旅行した際、「ああ。石文化なんだなぁ」と感じました。石が採れるから石建築になる。
    石=グレー。
    対して、我々、日本人は木と紙の家。木=茶色。
    そんな所が、「色」に対する感覚の違いなんでしょうね。

    ちなみに、件の番組は、来週が後半ですよ♪

  2. 名前:GabrielDecor 投稿日:2014/01/21(火) 09:41:00 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS:
    K子さん♪

    コメントありがとうございます♪

    まず、廊下の窓についてですが、、、
    ウチにもありませーん!(笑)
    なので、私も廊下に濃い色は諦めたんです、、、(>_<)
    本当はブログにもUPした「ブルー」の色なんかとっても好みなんですが、窓がなくて日が差さない廊下・・・プラス、リビングがグレーなので、とんでもなく暗い家(個人的には好きなんですが(笑)になってしまうので、廊下は明るくなるように、白を基調とした感じで進めようと思っています♪が、ボトム(チェアレールとその下)はグレージュにしちゃいますが(´艸`*)

    Before After見ましたよ~!その時間は夕飯なので、リアルタイムでは見れませんでしたが、録画して、次の日、次男が幼稚園に行ってる間にゆっくり見ました♪
    素敵でしたね~?
    「船の家」もワクワクしながら見ました♪
    リフォームされてる家もそうでしたが、あちらの方は日本人が思うような『不便さ』を楽しまれてるようにも思いました。
    ※書ききれないので(笑)、次に続きます♪

  3. 名前:GabrielDecor 投稿日:2014/01/21(火) 09:42:00 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS:
    K子さん♪

    続きです☆

    そして、「自分でリフォームする」文化。
    道具もパーツも沢山揃っていて、スバラシイ~!
    更にフランスへ行きたい!という熱い思いがこみ上げちゃいました(笑)
    Before After、来週の続き、待ち遠しいですね!

    そして、色に対する感覚の違い・・・K子さんが書かれたことを読んで、なるほど、と思いました。
    元々の環境から違うんですよね。
    後は歴史?日本は「木の家」に加えて「地震国」・・・古い建物を残すことが難しいですよね。現在も基本的に一般家屋の耐用年数は4~50年と言われています。これは地震の問題だけではなく、「メンテナンス」に対する考え方も関わっているみたいですね。今でこそ、セルフリフォームやリノベーション、DIYと言う言葉が普通に聞こえてくるようになりましたが、まだ一般的ではないですもんね。フランスやイギリスのように自分でリフォームするのが一般的、となると、日本の家も変わってくるのかもしれません。が、マンションはいろいろ規約も多いので難しいですよね~(T_T)いつもそこに頭を痛めています(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA