DIYで間仕切り壁&フェイクの蔦壁

前にやったセルフリフォーム、インスタにはUPしてましたが、

ブログにUPし忘れてたので、今日はそちらを~♪

 

うちには元々リビングを2部屋に分ける、可動式の間仕切り壁(襖のようなドアになっている)があったんですが、

長い間ずっと、「圧迫感があるなぁ~。。何とかしたいな~。。。」と思っていました。

可動式のドアを取ってしまえばリビングを広く使えるんですが、

家族数の割に部屋数が少ない我が家・・・この部屋をリビングの続きにするわけにはいかず、、、(>_<)

「1つの部屋」として使うには「間仕切り壁」は必要なわけです。

でも重い。

圧迫感がありあり。。

・・・と言うわけで、既存のものを取っ払い、重くない雰囲気の間仕切り壁を自分で作ることに!!!

 

 

・・・とその前に。

間仕切り壁を設置する側面の壁をちょっと変えてみました~。

と言うのも、その壁にはエアコンのパイプをチェックする「点検口」があって、それがまた、めちゃくちゃダサくて…(>_<)

ちなみに、↓のような奴が点検口です(画像はお借りしました)

phpcK4YoQ_531ff5a987c34

写真のは、床に近い下の方についていますが、我が家の点検口はなぜか上の方にあって目立つ!!!(>_<)

壁紙を貼って隠す方法も考えましたが、それをやってしまうと、エアコンの取り換え時とか必要な時に大変ですよね。。。

と言うわけで、思いついたのが「フェイクグリーンで蔦壁風にして隠してしまえ!」(笑)

で、こうなりました~!

スポンサーリンク

フェイクのアイビーを使って、蔦壁風に♪

10949756_772411192848890_4358122432871855891_n

 

フェイクグリーンは東京堂で買ったもの。

3種類のアイビーをランダムに絡ませ、見えないようにタッカーで止めて固定しています。

これで何とか点検口は隠れました!

では、いよいよ、間仕切り壁!

11070924_775009575922385_7387515765629711525_n

一人で夢中でやっていたので途中写真がないのですが、2×2材をはしご状に組み合わせ、両側面にコンパネ材を貼りました。上の写真は、2×2材にコンパネ(片側)を固定しているところです。

絵にかくとこんな↓感じ?(余計分かりにくかったらすいません(;^ω^)

無題 

 

 

そして、コンパネで作った土台にアクリル板を乗せました。

10998858_775046369252039_4721800105969691588_n

 ↑アクリルの固定は、両側(上下)に角材を置いて、アクリルをはさむ方法にしました。

(この写真見て分かるかもですが、最初の蔦壁はこうして、アクリル越しに見られるんですよ~)

 

↓アクリル板にモールディングも貼って、格子窓のようにもしましたよ~。

10997715_776878032402206_1955617414959911767_n

 

間仕切り壁自体は、これで終了です(;^ω^) 

次は、ペイント。

当初は、黒くペイントしようと思ってたんです。

↓な感じに(※↓の写真はピンタレストから)

11043070_765609403529069_4299100986224456909_n

が。

出来た間仕切り壁を眺めていたら、

「黒だと暗くなるかも…」と思い直し、急遽グレージュ(グレー&ベージュ)に変更!

11295761_809477809142228_9175222630974884371_n

 

↓少し汚して、アンティーク風にもしました♪


11949322_849605808462761_43527660062453096_n

 

似たような写真ばかりで、「全体写真」がないのは、

1.コンパネ部分にまだ装飾をしてなく、ペンキも塗ってないから(;^ω^)

2.アクリル板に色々反射して、うまく撮れないから

です(笑)

2の問題は、この間作ったカーテンポール(→この記事)を、ここに設置して、カーテンを吊るす予定なので

近々解決しそう♪

問題は1ですね・・・(>_<)

コンパネ部分にはモールディングを施して、腰壁風にしたいんですが、

中々時間が取れません。。。(>_<)

冬までには完成させたい!(←長い目標だな、おい)

とりあえず、全体が出来たら、またUPさせていただきますね~♪

今日も読んで頂き、ありがとうございました♡

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

↓インスタグラムは定期的に更新しています♪今後、ニュースなどもいち早くUPしていく予定なので、良かったらフォローしてくださいね♪
Instagram
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA