女性のDIYはメイクと同じ!?

「DIYで家具を作ってる」と言うと、必ずと言っていいほど「手先が器用なんだね~」と言われます。
が。

私、全然器用じゃありません(;^ω^)

 

その証拠に、小学生時代から図工や美術の成績は「3」を超えたことがありません(笑)

 

それどころか、周りはすごく綺麗に、先生の言うとおりに出来てきてるのに、自分だけ「あれ…なんか違う方向行ってる」みたいなことも多く、結果、ゴチャゴチャグチャグチャで完成・・・と言うこともしばしば(苦笑)

 

そして。

 

私事ですが、私自身、母子家庭に育ち、仕事人間だった母は「物を作る」と言うことに全く興味がなく。

 

「物」は「買う」!・・・これは当たり前のことで、物を「作る」と言う概念はつい数年前までなかったんです。

 

前にも書きましたが、自分で作ろう!と思ったのは、あるマントルピースに出会ってから。

 

そのマントルピースが売り物ではなかったので、買うことが出来なかったのがそもそもの発端です。

 

インテリアコーディネーターの資格を持っていたので、モールディングについての知識が多少ありました。(と言っても、どこで買えるか、とかそれくらいのレベルです)

 

モールディングのカタログを取り寄せ、1つ1つ形をじっくり見ながら、どうしたら欲しかったマントルピースに近づいたものを作れるか、、、これはかなり試行錯誤しました。

 

そしてモールディングの45度カット…これもかなり苦戦しました。

 

何本モールディング材を無駄にしたか分かりません(苦笑)

 

木材に関しての知識も浅く(インテリアコーディネーターの勉強したときに少しかじったくらいです)、木の狂いや歪みなんか考えたこともないので、土台も失敗しました。

 

いまだに、狂いやゆがみを計算に入れながら設計図を描く、、、なんてことは出来ませんが(笑)、これは感覚と慣れでなんとかなりました。

 

DIY関連の書籍も読み漁り、そういった教室をネットで探して、行くことも考えました。

 

でも、果たしてこれが自分に合っているのか?自分がやりたいことなのか?・・・と考えた時に、なんとなく違うな、と。

 

DIY上級者(←男性が多いんですが、もちろん女性もいらっしゃいます)の方々の「精巧」な作品を見て、すごいな~、とため息をつき、真似事もしてみましたが、どうしても楽しめなかったんです。

 

で、その時、気づきました、

 

そもそも私、ものすごく大雑把じゃん!

 

と(笑)

 

ミリ単位まで計算し、設計図を書き、木材一つ一つを念入りにサンディングして組み立てる…

 

こんな作業、私にはできないっっ(>_<)(笑)

 

じゃあ、大雑把&器用じゃない人はDIYできないのか…?

 

答えはNOだと思います。

 

私が良いケースだと思います(笑)

 

タイトルにも書いたように、女性のDIYってメイクアップと同じ原理だと思うんですね。

 

土台(自分でいえば「すっぴん」)が、綺麗で精巧じゃなくても、メイク次第で何とかそれなりにはなる、と(笑)

 

…あれ?違うかしら?(笑)

 

だけど、私にとって、モールディングやペンキはメイク道具と一緒です。

 

使い方次第で美しくもなれる!と。

 

私は、そんな感じでDIYをしています。

 

精巧な作品を作れる方を本当に素晴らしいと思いますし、器用な方を心から羨ましい!と思います。

 

でも、そう出来なくても、器用じゃなくても、出来ます、絶対!!

 

そしてメイクができる「女性」だからこそ、素敵な作品が出来ると思います!

 

私もそう信じてこれからも頑張ります♪

 

長い記事になってしまいましたが、、、(苦笑)

 

読んでくださった方、ありがとうございました♪

↓参加してみることにしました。沢山の人と出会えますように♪

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

↓インスタグラムは定期的に更新しています♪今後、ニュースなどもいち早くUPしていく予定なので、良かったらフォローしてくださいね♪
Instagram
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA