壁紙剥がしと腰壁作りレポ(ちょっとやっつけ仕事編(>_<)

いやぁ~、昨日は次男のサッカーの試合があり、朝から神奈川方面へ(>_<)

今日は用事があり、これまた朝から表参道まで(T_T)

バタバタ続きで、廊下のセルフリフォームの進行が・・・(>_<)

が!

とりあえずペンキ塗り、頑張りました~(;^ω^)

せっかく平坦になった壁!

早くペンキ塗りたくてうずうずしてましたからね(;´∀`)

さてさて、前回(→この記事)はヤスリをかけてるところで終わりました。

あれからもしばらく、地道にヤスリをかけて綺麗にしていましたが

ヤスリかけも終盤に近づいてからふと、

「なんか・・・このパテ後のちょっとした凸凹も、良い感じに陰影がついて

それも味があって良かったかもしれない。。。」と(苦笑)

個人的に、「ピッカピカにリフォームした部屋」というよりは

「何度も手を加えられた古いパリのアパートメント」的な方を目指してたんですよね。

と言うか、自分でやる「セルフリフォーム」で「ピッカピカ」にするのは

やはり限度があります。。(>_<)

職人さんの仕事、と言うのはやっぱり違いますから。。。(;^ω^)

話戻しますが、途中でそんな風に思ってから、

ヤスリ掛けはテキトーになり(←分かりやすい人w)パテ後の凸凹はちょいちょい残すことに(笑)

でも、もし自分で壁紙を剥がして塗り壁にしたいと思ってる方がいたら・・・

パテ跡も綺麗にするに越したことはないと思います。

結局、「パテ後の良い感じの凸凹」も、私の場合も偶然の産物にしかすぎず、

これを計算してやるとなると結構大変なんですよね(>_<)

世の中には「プロの汚しやさん」と言う方がいらっしゃって、

私が前に勤めていたフレンチシャビーの家具や雑貨を扱うお店の内装にも、

そう言ったプロが「汚し作業」をやっていましたが、それはもう見事でした。

(その方は有名な方で、ディズニーランドのアトラクション内の汚し作業もやってたみたいですが)

ほんとうに何年・・・いえ、何十年も前から建ってたような「経年変化」を、新築に施してしまうんですから(@_@)

アンティーク風の家具を作る時も、「やみくもに汚す」と

どうしても「わざとらしく」なってしまいます(←私は経験済み(>_<)

今ペイントしてるマントルピースもそうですが、どこをどう汚すか、、、

本当にそのバランスがいつも難しいです(だからスランプに陥るんですけど(;´∀`)←言い訳)

もちろんプロじゃなくても、計算しながら出来る素敵インテリアブロガーさんも沢山いらっしゃるので

私も日々勉強させていただいています!

・・・って、大幅に話それました!(>_<)

まぁ、そんなこんな・・・かくかくしかじかで・・・(おい)

凸凹した上にもペンキを塗りましたよー!(;^ω^)

kabe4

こんな感じです。

(ちょっと分かりづらいかな、、、(汗)

全体写真がこんな感じです。

kabe5

マステが剥がれてる部分があって、お見苦しいですが(>_<)

遠くから見ると、凸凹はちょっと分かりずらいかな。

もっとヤスリも軽くかけて、凸凹を表現しても良かったのかもしれませんが。。。

電気で光ってるように見える部分がありますが、実際はマットです。

黄色のマステを貼っている部分はチェアレールを貼る場所です。

見ると分かると思いますが、マステの下、薄紙剥がしてません。

実はここには板を貼ってしまう予定なので、

余計な作業は省きました(笑)
(ただ単に面倒だった、って噂もちらほらですが。。(;^ω^)

壁紙の上から直接モールディングを貼る方法も考えたんですが、

ちょっと立体感が欲しかったので、板を貼ることにしたんです。

これについては、腰壁に手を付けてからレポしますね♪

ああ、そうだ!

パテ&ヤスリ後にシーラーを塗った方が、もっと綺麗になると思いますが、

私は塗りませんでした(;^ω^)

シーラーなしなので、ボードの「アク」が出るかどうか・・・まだ「?」な状況ですが、

もしアクが出た場合は、またブログで報告させていただきますね♪

それと!

一応書きですが、

「剥がした壁紙」は、一般ゴミには出せませーん!

住んでる場所の自治体の決まりにも寄ると思いますが、

壁紙剥がしを考えてる人がいらっしゃったら、前もって自治体に破棄方法聞いてからの方が良いと思います♪

今日は写真も少なく、何だかやっつけ仕事的な内容で申し訳ないですが(>_<)

読んでくださり、ありがとうございました☆

↓2つのカテゴリに参加しています♪モチベーションUPのためにもよろしくお願いします~☆
にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ にほんブログ村 インテリアブログ 手作りインテリアへ

にほんブログ村 インテリアブログ マンションインテリアへ

↓インスタグラムは定期的に更新しています♪今後、ニュースなどもいち早くUPしていく予定なので、良かったらフォローしてくださいね♪
Instagram
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『壁紙剥がしと腰壁作りレポ(ちょっとやっつけ仕事編(>_<)』へのコメント

  1. 名前:woodsnoopy0221 投稿日:2014/10/20(月) 23:31:00 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS:
    ザッ!!ワザとらしいアンティーク風になってしまう私のペイント、、、
    やっぱりたくさん勉強ですね!!

    Gablieldecorさんの豊富な情報、本当すごい!
    あたしにはご飯作りのアクしかわかりません 笑
    勉強になります??(?′???)

  2. 名前:GabrielDecor 投稿日:2014/10/23(木) 13:23:00 ID:589fc6ab0

    SECRET: 0
    PASS:
    >woodsnoopyさん♪

    コメントありがとうございま~す♪
    返信遅れてごめんなさい(>_<)(え?もう慣れた??すみません、、、(T_T)

    アンティークっぽくする塗装は本当に難しいです~(>_<)
    私もまだまだ全然できてません。。(T_T)
    これは研究と練習・・・woodsnoopyさんの仰るように勉強が必要ですよね、、、
    私もうまい人を見ては研究&勉強させていただいてます!\(^o^)/

    アクはですね~、ベニヤとか分かりやすいんですけど
    シーラーとか塗らずにペンキを塗ってしまうと、板のヤニ?的なものがあとから浮き出てしまったりするんですよ~(T_T)
    壁紙の場合も同様で、喫煙家がいるお宅なんかは、壁紙が黄色くなったりしますよね?あれをきちんと処理しないと、ペンキを塗ったうえに、あとからそのヤニ染みが出てきたりするんです。(※喫煙する人がいなくても、日々の生活で出る汚れや油なども同様です)
    シーラーはそれを防いだりするためにも使われます♪

    私は今回シーラーは省いちゃいましたけどねー(笑)

    あ。アク、と言うより、ヤニと言った方が良かったかも!?
    ちなみに私は鍋やったときとかに出るアクも食べるタイプですwww

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA